ホッケーについて

女子ホッケー北京オリンピック出場決定!男子は後一歩のところで残念でした・・
女子ホッケーはメダルが狙える種目の一つですが、あまりメジャーなスポーツとはいえません。この際ファンでなかった人も、簡単なルールを覚えておくだけで、観戦するにも応援するにも、もっともっと楽しめますので、一緒に覚えませんか・・

社団法人 日本ホッケー協会
http://www.hockey.or.jp/aboutus/index.html
 
男女とも、競技フィールドはバックライン60ヤード(55m)、サイドライン100ヤード(91.4m)の長方形で、サッカー場よりもひとまわり小さい感じです。

ゴールはハンドボールとほぼ同じような大きさで、ゴール前にサークルと呼ばれるシューティングゾーンがあり、その中からシュートされたボールが入れば得点となります。

試合は1チーム16名で、フィールドに立つことができるのは11名以下。
選手の交代は試合中自由にでき、同じ選手を含め何回でも行えます。

競技時間は前・後半各35分で、間に5〜10分のハーフタイムが入ります。

ゴールキーパー以外は手を使う事ができず、スティックでボールをコントロールします。
スティクは木製で長さは使用する選手の好みによって多少の違いはありますがおよそ1m弱、ボールはプラスティック製で野球の硬球ほどの大きさ、硬さは硬球よりも硬く、シュート時のボールスピードは時速150〜200km近くにもなります。
しかも、シュートは、ゴール前のシューティングサークル内で打たれたボールでないと得点にならないために、ゴールキーパーはヘルメット、レガード、プロテクター、肘パッドなど頑丈な防具で身体を守ります。
試合は1ゴールを1点とし、得点を多く入れた方が勝ちとなります。
また試合の審判はスピーディーなホッケーゲームの流れを正確にアンパイアリングしなければならないため、2名で行われ、どちらも同じ権限を持ちます。
試合の開始はフィールドのセンターでのセンターパスで始まり、その後両チームの選手によって得点を競い合います。

ホッケー(hockey)

ホッケー(hockey)
チームで行われるスポーツ競技で、2つのチームに分かれて、L字型の曲がった棒(スティック)でパックを運び、それを相手チームが守備しているゴールへ入れます。
普通にホッケーと言えば、フィールドホッケーを指します。

各種のホッケー

6人制ホッケー
フィールドホッケーは11人制ですが、コートを3分の1〜4分の1の大きさにして1チーム6人で行うフィールドホッケーです。
日本における主なプレイ層は小中学生です。


インドアホッケー
室内で行うフィールドホッケー。
2005年のIOC後援ワールドゲームズデュイスブルク大会から公開競技として実施されています。

フィールドホッケー

ホッケーは芝のフィールド上で行うスポーツ。
他と区別するためフィールドホッケー、グラウンドホッケーと呼ばれることもあります。
インドやパキスタン、アフリカ諸国、オーストラリアなど、旧大英帝国領で盛んなスポーツだそうです。
また、オランダも強豪国の一つです。

その他のホッケー

アイスホッケー
アイスリンク上でスケート靴を履いて行うホッケーのこと。気候の寒冷な地域で盛んなスポーツ。

スノーホッケー雪上でレッツと呼ばれるミニスキーを履いて行うホッケーのこと。北海道で発祥したスポーツ。

ローラーホッケー
ローラースケートを履いて行うホッケー。

インラインホッケー
インラインスケートを履いて行うホッケーのこと。
ローラーホッケー系とアイスホッケー系の2種類があります。
ローラーホッケーは「インラインローラーホッケー」とも呼ばれ2005年のIOC後援ワールドゲームズデュイスブルク大会から正式種目となっています。

エアホッケー
ビリヤードと同じぐらいの台上で行うホッケー。
台の表面に空気を送るための穴が多くあり、パックを使います。
ゲームセンターに置かれていることが多いほか、東京フレンドパークIIのハイパーホッケーが有名。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。